2018年4月28日(土)

堀江由衣の歌声をシャンパンと共に

ゴールデンウィーク初日、一年の中で最も混む日の一日であろうこの日に、私は成田空港へと来ていた。目的はARIAの舞台となったイタリアは ヴェネツィアを訪問するためである。

混雑する一般検査レーンをしり目に、優先レーンを利用。スマートに手荷物検査を済ませる。勿論、出国審査は自動化ゲート。混雑する空港ではなるべく楽な方法を取りたい。

混雑する中、優先レーンはありがたい

出国後は免税店で買うものもないので、しばしキャセイパシフィック ファーストアンドビジネスクラスラウンジで待機。搭乗後には機内食も控えているので、ビールと軽いおつまみ。口直しにペリエを呑み、歳能京子の好物ラムレーズンを食べしばし寛ぐ。

小瓶のペリエがおしゃんてぃ

搭乗時間も迫ってきたので、搭乗口へと移動。
運命の分かれ道は、左。まさに随喜の涙を流す瞬間。

運命の分かれ道

搭乗した便はキャセイパシフィック、CX501便・成田発香港行。席は残念ながらリージョナル仕様であったが、ウェルカムドリンクのシャンパンを呑みながら寛ぎ、まだ見ぬ世界を夢想しながら喉を潤していると離陸準備が整う。

ウェルカムシャンパン

11時02分、離陸。
飛行機は何事もなく、安定飛行へ移行。
お楽しみの機内サービスが始まった。

ランチの後は雲上で楽しむ堀江由衣の歌声。

ほ、ほーっ、ホアアーッ!!ホアーッ!!

久ぶりのビジネスクラスを堪能。気が付いたら、着陸態勢へと移行していたのであった。