2018年10月27日(土)

秋の訪れは駅のソバ

寝過してしまいやや遅めに新宿駅へ到着。
ニュウマンで寿司を購入する予定が、間に合わず売店にてキリンビールと新宿さぼてんのエビかつサンドを購入。
高崎行き普通列車のグリーン席へ座り、埼玉の車窓を眺めながら朝ビールを決める。

追加のビールを呑んだり、読書をしていると列車は高崎へ到着。
上越線の乗り継ぎには1時間程度の時間が有るので八起家で茸天玉そばとエビスビール。このゆるい感じが駅の味。

上越線とバスを乗り継ぎ、伊香保温泉へ到着。
石段を登り、河鹿橋へと向かう。なまった体にはキツイ。ヤマノススメの聖地巡礼はここと高尾山くらいしか無理だなと悟った。

河鹿橋を見学、伊香保温泉泉飲所で鉄くさい温泉を味見した後は湯元茶屋で鮎の塩焼き・味噌田楽に生ビール。疲れた体に程よい塩味と心地よい炭酸の刺激が染みわたる。

一心地着いたので、伊香保見学を再開。スナックとかストリップとかが並ぶ歓楽街が有るが流石に昼からはやってない。
噂に聞いていたが、廃墟多い。ああ、週末おっさん旅行。

歩き疲れたのでホテルへと戻り、温泉入ってビールに夕食。
夕食後、ホテルのフロントで良い飲み屋ないかと聞くと「女の子のいる店?それともMaMaSan一人でKaraoke有るような安めの店?」と聞かれたので安めと答えたら、そのまま車で近所のスナック(徒歩3分くらい)に連行された。

スナックは2時間焼酎飲み放題、カラオケ歌い放題で3,000円。
カラオケは進められるが、何となく気乗りせず歌わずじまい。
傷だらけの人生くらい歌うべきだったかと少し後悔する。

二時間たったので会計を済ませスナックの向かいに有る居酒屋に移動。
ビールと〆のラーメンを注文。
店内は持ち込みの団体さんがものすごく楽しそうにはしゃいでいた。
こういう遊びもそのうちやってみたいものだな、と思いながらラーメンを啜る。
生姜の効いたスープの味を感じながら、伊香保の夜は更けていった。